PROJECT SERVICE

開発現場のデキナイをデキルに

ますます高度化・多様化する技術要求に適応するため、開発体制の強化を加速させたいと考えているお客様の開発パートナーとして、「技術課題」・「リソース課題」の両側面から、プロジェクト単位で最適な製品開発を支援します。

ISSUES

こんな課題はありませんか?

  • 01

    採用したくても市場に人材がいなくて集められない

  • 02

    技術内容の複雑化が加速して市場要求に応えられない

  • 03

    慢性的な工数不足で新たな技術開発にチャレンジしたいが時間も余裕もない

  • 04

    自動化・効率化で人的ミス、手戻りを削減したいがノウハウがない

提供するサービス

現代の開発現場では、技術の高度化・複雑化や顧客要望の多様化、リソース不足など、様々な課題が複合的に絡み合い、どこから対応すべきか優先順位を付けられず困っていると耳にすることが増えました。課題を洗い出して解決していこうにも、日々の業務に追われて、根本的な解決に繋がる活動ができず停滞してしまうケースが散見されます。

私たちは、お客様の開発現場で顕在化していない課題を整理し、真の課題を理解することで解決に導きます。あるべき姿を実現できるよう最適なプランニングを行い、ご提案いたします。

プロジェクトサービス。
サービス詳細
Phase01

真の課題理解

パートナーとの協業で重要なのは、お客様が実現したい真の課題を理解することです。過去の失敗例として、表面的な課題だけを捉えてプロジェトを始めてしまったケースを耳にしますが、課題の理解が不十分、または双方の理解が曖昧なままでは、実現したいゴールには到達できません。私たちは、豊富な業界経験、キャリアを持つエンジニアが、お客様の課題・ニーズを徹底的にヒアリングして、お客様と共に悩み、考え、真の課題を解決できる数少ない会社です。
Phase02

プランニング

真の課題を特定し、実現したいゴールをお客様に適したプランに落とし込んでいきます。可能な範囲で開発計画や戦略を共有しながら、KPI、必要とされる技術、開発リソース、フォーメーションを決め、お客様と共に課題を解くためのプランニングをします。
Phase03

プロジェクト開始

小規模パイロットプロジェクトから始め、リスクを最小限に抑えて有意性を見極めます。本格導入が決まれば、機能範囲や対応範囲、開発体制を拡大し、お客様と描いてきたプランを具体化していきます。
また、私たちは+One(プラスワン)にこだわり、お客様が気付いていても手を付けられなかったちょっとした課題も、プロジェクトを通して改善・自動化します。
納品物
  • ハード系:3Dモデル・解析レポートなど
  • ソフト系:仕様書・ソフトウェアなど