MEDIA - Tokyo Metro ACCELERATOR 2016

メディア掲載: 「東京メトロ アクセラレーター賞」を受賞しました

2016年12月に開催された「Tokyo Metro ACCELERATOR 2016」にて、弊社の提案が「東京メトロアクセラレーター賞」を受賞いたしました。

Tokyo Metro ACCELERATOR 2016は、「東京の発展に寄与する新しい価値の創造」をテーマに、東京メトロ様の持つ駅や車両といった経営資源を活用した、新たな事業アイデアを募るプログラムです。

私たちが実現するのは、視覚障害者の現在の自らの位置を音声(骨伝導)で知らせ、移動をお手伝いするサービスです。

特殊な音波を発してユーザーの位置情報を検出する「ビーコン」と呼ばれる機器を駅に設置し、スマートフォン向けアプリを通じて視覚障害者に「階段があります」「ホームに着きました」といった情報を伝えます。また、AI(人工知能)を使い目の前にある物体を解析することで、目的地へのガイド、駅のホームからの転落防止にもつなげます。

東京メトロ様のインフラと弊社の技術を掛け合わせることで、東京を誰にとっても、より安全で楽しい都市へと発展させることができる。現在、その確信を持って新サービスの開発を推進しています。

なお、この事業は、総務省の平成29年度「デジタル・ディバイド解消に向けた技術等研究開発」の対象事業と認定されています。

来る東京オリンピックイヤーに向けて、弊社は東京メトロ様と共に明るい未来都市を創造していきます。どうぞご期待ください!